ホーム > トピックス

トピックス

B型肝炎予防接種の救済措置

  • 2017年4月4日

B型肝炎の予防接種は昨年平成28年10月1日から定期接種化され、接種費用は公費負担となり、生後2か月から生後1歳になるまでのお子さんは無料で接種を受けられるようになりました。

B型肝炎の予防接種は3回接種が基本で、3回すべてを完了するのには5か月から6か月の期間を要します。しかし、3回目の接種は1歳になる前に行わなければならないので、昨年の10月1日に既に生後6か月を過ぎてしまったお子さんは接種可能な期間が短く、3回の接種を受けられないという事態が起こってしまいました。

江戸川区医師会や江戸川区小児科医会はこの不平等を解消すべく、江戸川区に対して「平成28年10月1日の時点で接種可能な月齢であったお子さんすべてに3回接種が可能になるような救済措置を」と陳情を重ねて参りました。

この度その要望が受け入れられ、次の条件を満たす方に対して3回接種を可能にするような救済措置(無料接種)が設けられることになりました。次の条件からはずれた方は残念ながら公費負担での接種は受けられません。

《接種可能なお子さんの条件》
平成28年4月1日から平成28年7月31日までの生まれで、B型肝炎予防接種を3回接種していない1歳以上のお子さん
《救済措置の実施期間と実施医療機関》
平成29年4月1日から平成29年7月31日まで、江戸川区内の指定医療機関で(江戸川区外では受けられません)
《接種票の発行》
各健康サポートセンターで発行(接種票に必要事項を記入し、今まで予防接種を受けていた医療機関で接種して下さい)

※ このご案内は広報「えどがわ」平成29年3月20日号と江戸川区のホームページに掲載されています。

BCG:23区共通に・・・古い接種票は?

  • 2016年4月8日

結核予防のため定期接種として行われているBCGの接種は、今年の4月から東京23区では共通の接種票が発行され、どの区に住んでいても23区内のどの医療機関でも接種を受けられるようになりました。

あくまでも23区内で、市町村では使えません。

江戸川区ではBCG接種を行う医療機関は事前の講習を受けることになっています。他の区ではどうなっているかわかりませんが、もし他の区で接種を受ける場合には(江戸川区内でも)、前もってBCG接種を行っているかどうか確認なさることをお勧めします。

こども診療所ではもちろん接種を行っています。

江戸川区発行の古い接種票をすでにお持ちで、何らかの理由で実際の接種が4月以降になった場合、古い接種票で他の区での接種を受けることは可能だそうです。

しかし、実際に接種を行う医療機関がそのことを理解していないと窓口で追い返されてしまう可能性もあります。

古い接種票をお持ちでまだBCG野接種を受けていらっしゃらない方は、事前に健康サポートセンターで、23区共通の新しい接種票に交換なさることをお勧めいたします。

MR2期の接種は3月31日までに

  • 2016年3月11日

4月から小学校に入学なさるお子さんのMR2期の予防接種は3月31日が期限です。

「小学校入学前に」ということから、入学式の前日まで接種票が使えると思っていらっしゃる方がおられますが、入学式はあくまでも学校の行事で、手続き上お子さんは4月1日から小学校1年生になってしまいます。

接種票にも有効期限が3月31日までと明記されているはずです。

まだ接種が済んでいないお子さんは急いで接種を受けるようにして下さい。

BCG:4月から23区共通に

  • 2016年3月2日

結核予防のため定期接種として行われているBCGの接種は、現在江戸川区に住んでいる方には江戸川区発行の接種票が送られてきて、その接種票は江戸川区内の医療機関でのみ有効でした。

今年の4月から東京23区では共通の接種票が発行され、どの区に住んでいても23区内のどの医療機関でも接種を受けられるようになります。

あくまでも23区内で、市町村では使えません。

江戸川区ではBCG接種を行う医療機関は事前の講習を受けることになっています。他の区ではどうなっているかわかりませんが、もし他の区で接種を受ける場合には(江戸川区内でも)、前もってBCG接種を行っているかどうか確認なさることをお勧めします。

こども診療所ではもちろん接種を行っています。

江戸川区発行の接種票をすでにお持ちで、何らかの理由で実際の接種が4月以降になった場合、現在の接種票が他の区でも使えるかどうか現在確認中です。区の保健部から回答があり次第、このページに掲載いたします。

今年のノロは軽いけど長生き

  • 2015年12月31日

いよいよ2015年も今日でおしまいです。1年間こども診療所ホームページのご愛読ありがとうございました。

幸いインフルエンザはほとんど流行らしい流行を見せませんでした。その理由はノロウイルスによると思われる感染性胃腸炎の流行がいつもの年よりも延々と長引いているためと考えられます。

いつもの年はノロは11月末から12月始めにかけて流行のピークがあります。感染力も強く大流行となります。今年も確かに感染性胃腸炎は大きな流行を見せましたが、例年ほど感染力も強くなくまた症状も軽いのが特徴です。何よりも大きな特徴は、流行がだらだらと続いているという点です。

例年ですと感染性胃腸炎の大流行はとっくに終わっていますから、今頃はインフルエンザシーズンが始まり、学級閉鎖のニュースで賑わっている頃です。

この順番はずっと以前から続いていて、「ノロが終わればインフル」というのが我々小児科医にとってのほぼ常識でした。今年はノロの流行がまだ終わっていませんから、インフルはずっと下火のままです。

今年の秋頃、新型ノロウイルスといってメディアが大騒ぎをしました。新型インフルエンザの時のように、新型ノロウイルスに対する免疫を持っている人が少ないから大々的な流行になると騒ぎ立てたのです。

確かに今はやっているのは新型のノロウイルスだとは思います。でも、先に申しましたように、感染力もそれほど強くなく、また症状も軽いので、マスコミが騒いだほどの流行にはなっていません。

特に症状については、こども診療所でノロウイルスと診断したお子さんで、脱水が懸念されたお子さんは一人もいませんでした。吐く回数もいつもの年より少なくグタ〜ッとなってしまうようなこともほとんどありませんでした。

マスコミの喧伝は空騒ぎに終わった感(軽い)がありますが、流行がいつまでも続いている(長生き)というのも今年のノロの特徴です。

こども達は冬休みに入り、教室のような場所に大勢のこども達が集まる機会がずっと減りましたから、ノロの流行もそろそろ終わるのではないかと思われますが、そうすると次にはインフルエンザが待機しています。

三学期にはインフルエンザの遅ればせの流行が始まることが予想されます。こども診療所での予防接種は終了しましたが、マスク・うがい・手洗いなどのインフルエンザ予防対策に十分気を遣って三学期をお迎えください。

年別リスト

ページの先頭へ戻る